「折り畳み傘」と「購買決定要因(KBF)」(続き)

店頭に並ぶ、色も形も様々な折り畳み傘。

迷った挙句に選んだのは「55cm、76g」というタグのついた、とてつもなく「軽くて小さい」折り畳み傘だった。

◾「購買要因(BF)」と「購買決定要因(KBF)」

これまでのところを整理するとこうなる。

折り畳み傘を選ぶ際に見るポイントは沢山ある。

  • デザインはどうか?
  • 素材はしっかりしているか?
  • 柄の長さや材質はどうか?
  • 傘部分の面積は雨を避けるのに充分な大きさか?
  • 価格はどうか?
  • メーカーや産地はどこか?    などなど

これら全てを「購買要因(Buying Factor)」と言う。

相変わらずの難解な4文字漢字(笑)なので噛み砕いて言うと、要するに「買う際にチェックする点/検討ポイント」のこと。

そしてこれらの検討ポイントのうち、最終的に「買う決め手」となったのが「軽くて小さい」こと。

この「軽くて小さい」が、「買う決め手」つまり「購買決定要因(Key Buying Factor)」となる。

図解するとこうなる。

 

◾「購買決定要因(KBF)」はマーケティング基礎用語

マーケティングを考える際には、この「買う決め手」=「購買決定要因(KBF)」がとても重要である。

理由は簡単。

あなたが売る商品やサービスに「買う決め手(購買決定要因)」となる要素が無いと、買ってもらえないからである。

だからこそ、この「買う決め手(購買決定要因)」は何なのか?と、商品を作る前の段階からものすごく研究する。

その理由もシンプル。

その方が買ってもらえる確率が高くなるからだ。

「買う決め手」=「購買決定要因(KBF)」を考えるのは、マーケティング的な思考方法の基本の一つ

お客さまが買う理由を考え、それに応えられるようにする。

冷静に考えれば、物が売れるための至極シンプルな当たり前の理屈ではないか。

だが、現実ではこれを突き詰めて考えられているケースは、これまで見てきた限りではあまり多くない。

eラーニング講座「ポジショニングマップの基本と作り方」

ポジショニングマップの基本の考え方から使い方まで重要ポイントがひとまとめ。身近な事例でワーク実演付き。