ポジショニングマップよくある質問:軸について

ポジショニングマップの作り方に関して、圧倒的に多い質問が「軸」に関するもの。その中でも特に多い2つの質問について紹介したいと思います。

質問①「ポジショニングマップの軸はどうやって決めるのか?」

ポジショニングマップは「縦横に十文字を切ってバブルを散らす」という一見シンプルな図柄。

でも、簡単そうに見えるのに、いざやってみるといきなり手が止まります。
縦横の十文字の切り方がわからない。切り口のパターンが無限大すぎて、まるで雲を掴むよう。

  • この無限大のパターンの中からいったいどうやって適切なもの選び出すのか?
  • 何を根拠に決めていけばいいのか?

これがポジショニングマップに関する質問の中で最も多いものです。

 

回答①「ポジショニングマップの軸は『購買決定要因』を手掛かりにして考える」

 

ポジショニングマップの軸の決め方にはこれと言って決まったものはありません。直感的に思いつくならそれで良いのですが、そうでない場合は「購買決定要因分析」を行うのが早道です。

購買決定要因とは「商品やサービスを購入する際に“買う決め手”となる要素」のこと。

ポジショニングマップの軸にはこの購買決定要因に関わるものを持ってくると、わりと的をはずさないマップを作ることができます。

まずは対象とする競合商品全ての「購買決定要因」を書き出してみてください。1つの商品につき最低5〜10個ぐらいを目標にすると良いです。書き出す際には要素分類しながら行うと、まんべんなく拾い出すことができます。

そして、書き出した購買決定要因を見ながら軸の案を考えていきます。

具体的な手順を知りたい方は下記にご案内している動画講座もご参照ください。

 

質問②「ポジショニングマップを3軸で作りたい」

こちらもわりとよく聞かれる質問です。

商品やサービスの購買決定要因がたくさんあると、2軸だけ選び出すのは至難の業。

  • 2軸だけだと足りない。3軸にして独自のポジショニングを表したい。

気持ちはよくわかります。私自身も経験あります。

 

回答②「ポジショニングマップは3軸にしない。何とかして2軸に絞り込む」

 

一体なぜ3軸ではダメなのでしょうか?

その理由は、そもそものポジショニングマップの性格にあります。

ポジショニングマップとは「競合他社との違いを一目で感覚的に捉えられるように表した図

「一目で感覚的に捉えられる」

ここがポイントです。3軸が今ひとつな理由がここにあります。

3軸にすると複雑になって感覚的に把握しにくくなってしまうのです。

実は私自身も何度か3軸マップを作ったことがあるのですが、100%ゴミ箱行きになりました。

  • わかりづらい。
  • 説明に時間がかかる。

もちろん3軸でも上手くいく場合もあると思います。ですが冷静に考えてみれば、「要素2つ」と「要素3つ」とでは、当然「要素3つ」の方が頭の中での情報処理に時間がかかります

「一目で感覚的に捉える」というポジショニングマップの性格を考えると、3軸は不利だと言えるでしょう。

そこで「優先順位をつける」ことが必要になってきます。

3軸のどれも重要なのだとは思うのですが、それでも必ず3軸の間に優劣があるはずです。何とかしてより重要なもの2つに絞り込むのです。

ちなみに「優先順位をつける」は、ポジショニングマップに関わらず戦略を考える際全てで重要な考え方。

大事なのは「盛ることではなく、削ぎ落とす」こと。

成功する戦略の基本はシンプルです。

 

(投稿者:e.ito

★動画でわかるポジショニングマップの作り方★

【徹底解説】ポジショニングマップの作り方 (動画セミナー)

基本の考え方から教科書にはあまり書かれていない注意点まで、スムーズに作るためのノウハウを実演付きで徹底解説