現状の強み弱みから貴社のビジネス課題を整理して、今後の方向性案を簡潔にわかりやすくまとめます。

 

SWOT分析は意外に難しい?

SWOT分析はマーケティングの市場分析フレームワークの中でも最も馴染みのある手法。
就活の自己分析にも使われることもあって手軽にやれそうなのですが、意外に

「やろうと思ったけれど行き詰まった」
「やってはみたけれど今ひとつピンと来ない」

という声をよく聞きます。

 

SWOT分析で行き詰まる2つの理由

SWOT分析をいざやってみるとなかなか進まない。
それには2つの理由があります。

【理由①】SWOT分析の構造が実は複雑

市場分析のタイプはいくつかに分かれますが、SWOT分析は「ブレンド型」。

「顧客分析」「商品分析」「バリューチェーン分析」「競合分析」「マクロ環境分析」・・・

ざっと数えると、少なくとも5種類の分析項目が混じり合っています。

これらをいっぺんにまとめるのですから、かなり広い範囲の情報を集めなければなりません

これがSWOT分析を小難しくしている要因の一つです。

 

【理由②】SWOT分析を行う手順が非常に曖昧

一方、SWOT分析の手順も不明瞭です。

情報を集める手順、そして集めた情報から何かしらの結論にまとめあげる手順が今ひとつよくわからない。

SWOT分析がどのような分析なのかということについては、巷で売られているどの書籍にも書かれていますが、それをどのようにして行うのかという手順についてはあまり解説されていません

実際に決まったやり方がないというのが現実なのですが、これまでに弊社のセミナー参加者やクライアント企業様から寄せられた質問の多くも、この「SWOT分析の手順」に集中しています。

 

SWOT分析サポートサービスの概要

SWOT分析サポートサービスでは、複雑で曖昧な分析手順をできる限りシンプル化。分析にかかる労力と時間を削減してスムーズに進めるための手助けを行います。

具体的には、

  • 幅広い範囲から必要な情報を効率的に集める工夫
  • 無数にある選択肢からそれらしい結論を抽出する工夫

を骨格としています。

これらは、これまでいくつものSWOT分析を行ってきた経験から得た独自スキルではありますが、それなりに再現性があるものと自負しています。

 

サービス内容

2種類のメニューをご用意しています。

①ワークショップサービス

参加者5〜6名によるワークショップの場を設けて、情報の収集とまとめを一気に短時間で行うものです。後日、分析結果のまとめを文書にて提出いたします。

  • 2時間でまとまる
    独自のワークショップ手法により、約2時間で必要情報の収集とおおよそのまとめの方向性の見定めまで行います。
  • リアリティがある
    現場の生きた情報やデータを多用するので、地に足がついた結果にまとまり実践に活かしやすいです。
  • 共通意識が生まれる
    分析を進めながら情報がその場でシェアされるので、課題や解決の方向性に対する共通意識が生まれます。その後の実践段階での進行が格段に楽になります。
  • 第3者からの知見やアドバイスを得ながら進められる
    複数業界で分析を行ってきた経験から、よくあるポイントや不足している視点、他業界での事例などをアドバイスさせていただきます。

<分析結果フォームイメージ>

 

②添削サービス

SWOT分析をやってみたという方のためのサービスです。

分析結果を拝見し、論理的合理性や情報の偏りがないかなどを、複数業界での分析経験を活かして第3者の視点でチェックします。

原則、文書でのやりとりになります。3〜5営業日程度お時間をいただきます。

 

このような方にオススメです

  • これまで適当に済ませていたが、今年はきちんと手順を踏んでやってみたい。
  • 最近マンネリしているので、いつもと少し違った視点を取り入れて考えたい。
  • SWOT分析などの戦略作成フレームワークを使ってみたことがあるが、今ひとつスッキリしなかった。
  • あまり時間をかけずに、できるだけ短時間で済ませたい。

 

お申込みから納品までの流れ

①ワークショップサービス
お申し込み
当サイトのお申し込みページより「会社名/業界名/分析対象とする商品・サービスの概要(差し支えない範囲内で)/ワークショップ実施の希望時期」を入力して送信してください。こちらより折り返しご連絡します。
事前ヒアリング(約1時間)
事業の現状や課題についてお話を伺って、セッションの詳細メニューをご提案します。原則、対面での面談になりますが、遠方の場合などはZOOMなどのオンライン会議システムを使用する場合もあります。
必要に応じてNDA(秘密保持契約書)を交わします。
ワークショップ実施(約2時間)
日時と場所を決めてワークショップを開催します。参加メンバー5〜6名を集めていただくようお願いしています。ワークショップは原則1回で完結します。
納品(原則ワークショップ実施後3営業日以内)
ワークショップのまとめを文書にてご提出します。

ご請求・お支払い

 

②添削サービス
お申し込み
当サイトのお申し込みページより「会社名/業界名/分析対象とする商品・サービスの概要(差し支えない範囲内で)/納品希望日」を入力して送信してください。こちらより折り返しご連絡します。
資料の送付
添削する資料を送付ください。必要に応じて、NDA(秘密保持契約書)を事前に締結させていただきます。
納品(原則3〜5営業日以内)
フィードバックを文書にて返送いたします。

ご請求・お支払い

 

料金

①ワークショップサービス:1テーマにつき58,800円+税

②添削サービス:1テーマにつき15,000円+税

2020年2月までのモニター価格になります。
料金は納品後に指定の銀行口座にお振り込みください。万一内容にご満足いただけなかった場合は代金をいただきません。
ワークショップ実施にあたり長距離の交通費・宿泊費・その他雑費等が発生する場合は実費を別途ご請求させていただきます。

 

ご注意事項

  • 業界や分析対象となる商品・サービスによっては、対応できない場合があります。
  • 情報の収集は原則として貴社社員様へのヒアリングによって行います。調査が必要になる場合は別途費用が発生しますので予めご了承ください。
  • 分析手順の性質上、現場で把握できる情報をベースに現実的な分析を行うので、世間の常識をくつがえすような新奇な結論には至りにくいです。
  • 分析にかける労力を極力減らして60点レベルでもよいのでまずは仮説を生み出すことを目的としているので、精度の高い分析を行いたい場合には適しません。

 

 

お申し込み・お問い合わせ